電動自転車記事一覧

お買い物に、ちょっとしたお出かけにとっても便利な電動(アシスト)自転車。よいしょっと足に力を入れる第一歩からすでに電気の力が働きますから、スイスイっと走り出せるんですよ。電動(アシスト)自転車は一度乗ってしまうと普通の自転車には戻れないほど快適です。電動(アシスト)自転車が本領発揮するのは坂道。立ちこぎしないといけないほどの急な坂道だってぐんぐん登っていっちゃいます。逆に下り坂ではスピードが出すぎ...

電動自転車は、電気自動車やハイブリット自転車とも呼ばれますが、正式名称は電動アシスト自転車です。電動機(モーター)で人力をアシストすることからこの名がついており、坂道の多いところに住む方や年配の方に人気があります。1993年にヤマハ発動機が発売したものが第一号であり、現在はブリヂストンや三洋電機、パナソニックなども電動自転車業界に参入しています。電動自転車は便利なものですが、値段は、一台10万前後...

電動自転車の比較は、まずはモデルタイプから。一般的ないわゆる“ママチャリ”タイプに、スポーツタイプ、マウンテンバイクタイプと、電動自転車には多くのモデルが出ています。モデルタイプでの電動自転車の比較は、お買い物や子供の送り迎えならママチャリタイプ、びゅんびゅん通勤したいならスポーツタイプ、などと自分のライフスタイルに合った物を選ぶといいでしょう。特に子供を乗せて走るのなら、子供を乗せられるシート付...

ヤマハの電動自転車「PAS」シリーズ。パイオニアともいえるヤマハの電動自転車らしく、ラインナップが豊富です。ヤマハの電動自転車でもっともシンプルかつスタンダードなのが「PAS」。バッテリーは3.1Ahのニッケル水素を使っています。節電して走行距離を伸ばす「オートエコモード」、坂道でもへっちゃらの「強(パワー)モード」を搭載しています。ヤマハの電動自転車を通勤や通学に使うのなら「PAS CITY−S...

電機メーカー・サンヨーの電動自転車は、やはり電気周りが充実。一般の自転車は製造していないところにサンヨーの電動自転車の誇りを感じます。サンヨーの電動自転車最大の特長は「ノッタ*ママオートモード」。平地や上り坂、下り坂などでそれぞれ最適なアシスト力に切り替わります。平地では無駄な力を使わず節電。上り坂では勾配に合わせてアシスト力を加減し、下り坂ではモーターブレーキでスピードが出すぎないようになります...

家電のイメージが強いナショナルですが、ナショナルの電動自転車は「ナショナル自転車工業」という自転車専門の会社から発売されていました。いました、というのは、現在は会社の名前が変わってしまったため。いまは「パナソニック サイクルテック」という名前の会社からナショナルの電動自転車は販売されています。ナショナルの電動自転車を一躍有名にしたのが「ViVi」シリーズ。特に「カジュアルViVi」は電動自転車であ...

「パナソニック サイクルテック」という会社から販売されているパナソニックの電動自転車。ナショナル時代から受け継がれた「ビビ」シリーズが人気です。パナソニックの電動自転車の代名詞でもあるビビシリーズにはさまざまな機能が搭載されています。条件によって自動的にパワーを調整してくれるオートマチックモードに、電動アシストがオフでも電灯がつくライト独立点灯機能など。ハード面でもパナソニックの電動自転車は充実し...

電動自転車のバッテリーメンテナンスは、基本的には必要ありません。しかし、なにも考えずに使っていると、電動自転車のバッテリーメンテナンスのしようがない分、バッテリーを無駄にすることに……。そういう意味では、正しい知識で大切に使うことがなによりの電動自転車のバッテリーメンテナンスなのです。電動自転車のバッテリーメンテナンスの第一歩は、バッテリーを知ること。電動自転車のバッテリーメンテナンスについてよく...