ヤマハの電動自転車

ヤマハの電動自転車「PAS」シリーズ。
パイオニアともいえるヤマハの電動自転車らしく、ラインナップが豊富です。
ヤマハの電動自転車でもっともシンプルかつスタンダードなのが「PAS」。
バッテリーは3.1Ahのニッケル水素を使っています。
節電して走行距離を伸ばす「オートエコモード」、坂道でもへっちゃらの「強(パワー)モード」を搭載しています。
ヤマハの電動自転車を通勤や通学に使うのなら「PAS CITY−S リチウム」がおすすめ。
新4.0AhリチウムSバッテリーはパワフルかつ長持ちで、持ち運びもらくらく。
ボディカラーは黒で、スーツにも制服にも合うようになっています。
「PAS Brace」ならさらにスタイリッシュにキマります。
子供を乗せるのにぴったりのヤマハの電動自転車が「PAS リトルモア リチウム」。
軽くてコンパクトな新リチウムイオンバッテリーは注ぎ足し充電も可能となっています。
オープンワイドフレームで低獣神を実現し、発進時のふらつきもなし。
高性能なチャイルドシートも標準装備となっています。
他にもコンパクトモデルや三輪モデルもありますよ。
ヤマハの電動自転車は充実の装備が自慢。
捜査しやすい位置に配置されたパネルにはメインスイッチ、バッテリー残量計、オートエコボタンなどが集められています。

また、防犯対策もしっかりしているのがヤマハの電動自転車。
ピッキングされにくいティンプルキー1つでサークル錠とハンドルを同時にロックできます。

関連ページ

電動(アシスト)自転車
自転車とひとことで言っても、今では多くの種類があります。便利さを重視したもの、自由度の高さからカスタムを楽しむもの、楽に乗ることができるものなど。様々な種類の中から、自分に合ったものを選びましょう。
電動自転車
自転車とひとことで言っても、今では多くの種類があります。便利さを重視したもの、自由度の高さからカスタムを楽しむもの、楽に乗ることができるものなど。様々な種類の中から、自分に合ったものを選びましょう。
電動自転車の比較
自転車とひとことで言っても、今では多くの種類があります。便利さを重視したもの、自由度の高さからカスタムを楽しむもの、楽に乗ることができるものなど。様々な種類の中から、自分に合ったものを選びましょう。
サンヨーの電動自転車
自転車とひとことで言っても、今では多くの種類があります。便利さを重視したもの、自由度の高さからカスタムを楽しむもの、楽に乗ることができるものなど。様々な種類の中から、自分に合ったものを選びましょう。
ナショナルの電動自転車
自転車とひとことで言っても、今では多くの種類があります。便利さを重視したもの、自由度の高さからカスタムを楽しむもの、楽に乗ることができるものなど。様々な種類の中から、自分に合ったものを選びましょう。
パナソニックの電動自転車
自転車とひとことで言っても、今では多くの種類があります。便利さを重視したもの、自由度の高さからカスタムを楽しむもの、楽に乗ることができるものなど。様々な種類の中から、自分に合ったものを選びましょう。
電動自転車のバッテリーメンテナンス
自転車とひとことで言っても、今では多くの種類があります。便利さを重視したもの、自由度の高さからカスタムを楽しむもの、楽に乗ることができるものなど。様々な種類の中から、自分に合ったものを選びましょう。