電動自転車

電動自転車は、電気自動車やハイブリット自転車とも呼ばれますが、正式名称は電動アシスト自転車です。
電動機(モーター)で人力をアシストすることからこの名がついており、坂道の多いところに住む方や年配の方に人気があります。

 

1993年にヤマハ発動機が発売したものが第一号であり、現在はブリヂストンや三洋電機、パナソニックなども電動自転車業界に参入しています。

 

電動自転車は便利なものですが、値段は、一台10万前後で、安いものでも6、7万はするので、普及が急速に広がっているわけではありません。
しかし、2008年12月には、道路交通法で、1対1と定められていた人力と動力の比率が1対2になったことで魅力が増しました。
現在は、子ども乗せ自転車などで活躍しています。
これから高齢化がさらに進んでくるにつれ、電動自転車の普及率が上がることも考えられます。

 

先日、山道を運転していたら、7、80代と思われる女性が電動自転車に乗っていました。
カゴに乗せていたのは農作業の道具のようでした。
そこは農村地帯だったので、田畑へ向かうところだったのかもしれません。
山の中で、急な坂も多い道路。
特にこのような地域では、高齢化とともに電動自転車が広まっていきそうです。
実は、その日も電動自転車に乗っていたのを見かけたのは一度ではありませんでした。
このような山道でなく、町の坂であっても電動自転車は便利ですよね。
もしかしたら近未来に、電動自転車を街中で見かける日が来るかもしれません。

関連ページ

電動(アシスト)自転車
自転車とひとことで言っても、今では多くの種類があります。便利さを重視したもの、自由度の高さからカスタムを楽しむもの、楽に乗ることができるものなど。様々な種類の中から、自分に合ったものを選びましょう。
電動自転車の比較
自転車とひとことで言っても、今では多くの種類があります。便利さを重視したもの、自由度の高さからカスタムを楽しむもの、楽に乗ることができるものなど。様々な種類の中から、自分に合ったものを選びましょう。
ヤマハの電動自転車
自転車とひとことで言っても、今では多くの種類があります。便利さを重視したもの、自由度の高さからカスタムを楽しむもの、楽に乗ることができるものなど。様々な種類の中から、自分に合ったものを選びましょう。
サンヨーの電動自転車
自転車とひとことで言っても、今では多くの種類があります。便利さを重視したもの、自由度の高さからカスタムを楽しむもの、楽に乗ることができるものなど。様々な種類の中から、自分に合ったものを選びましょう。
ナショナルの電動自転車
自転車とひとことで言っても、今では多くの種類があります。便利さを重視したもの、自由度の高さからカスタムを楽しむもの、楽に乗ることができるものなど。様々な種類の中から、自分に合ったものを選びましょう。
パナソニックの電動自転車
自転車とひとことで言っても、今では多くの種類があります。便利さを重視したもの、自由度の高さからカスタムを楽しむもの、楽に乗ることができるものなど。様々な種類の中から、自分に合ったものを選びましょう。
電動自転車のバッテリーメンテナンス
自転車とひとことで言っても、今では多くの種類があります。便利さを重視したもの、自由度の高さからカスタムを楽しむもの、楽に乗ることができるものなど。様々な種類の中から、自分に合ったものを選びましょう。