電動自転車の比較

電動自転車の比較は、まずはモデルタイプから。
一般的ないわゆる“ママチャリ”タイプに、スポーツタイプ、マウンテンバイクタイプと、電動自転車には多くのモデルが出ています。
モデルタイプでの電動自転車の比較は、お買い物や子供の送り迎えならママチャリタイプ、びゅんびゅん通勤したいならスポーツタイプ、などと自分のライフスタイルに合った物を選ぶといいでしょう。
特に子供を乗せて走るのなら、子供を乗せられるシート付きの物を選ぶと楽ですよ。
電動自転車の比較ポイントとして意外と重要なのがタイヤの大きさ。
自転車のタイヤの大きさは一般的には26インチ前後で、多くの電動自転車もこのサイズを採用しています。
しかし、タイヤが小さい方が乗りやすい女性のために、最近では20インチの電動自転車も増えてきているので、好みで選ぶといいでしょう。
電動自転車の比較最大のポイントは、価格帯。
電動自転車はけっして安い物ではありませんが、5万円を切る物もぽつぽつ出始めています。
電動自転車の比較の参考にしましょう。
ブランドで電動自転車の比較をするのも有効。
乗りなれているブランドやお気に入りがあればそれに勝る物はないでしょうし、有名ブランドなら安心できますよね。
また、電動自転車の比較として、アシストタイプかフル電動タイプかを考えるのもいいでしょう。
ただし、フル電動タイプは原付扱い。
ナンバーがなければ公道は走れませんし、あっても歩道は走れないので注意してください。

関連ページ

電動(アシスト)自転車
自転車とひとことで言っても、今では多くの種類があります。便利さを重視したもの、自由度の高さからカスタムを楽しむもの、楽に乗ることができるものなど。様々な種類の中から、自分に合ったものを選びましょう。
電動自転車
自転車とひとことで言っても、今では多くの種類があります。便利さを重視したもの、自由度の高さからカスタムを楽しむもの、楽に乗ることができるものなど。様々な種類の中から、自分に合ったものを選びましょう。
ヤマハの電動自転車
自転車とひとことで言っても、今では多くの種類があります。便利さを重視したもの、自由度の高さからカスタムを楽しむもの、楽に乗ることができるものなど。様々な種類の中から、自分に合ったものを選びましょう。
サンヨーの電動自転車
自転車とひとことで言っても、今では多くの種類があります。便利さを重視したもの、自由度の高さからカスタムを楽しむもの、楽に乗ることができるものなど。様々な種類の中から、自分に合ったものを選びましょう。
ナショナルの電動自転車
自転車とひとことで言っても、今では多くの種類があります。便利さを重視したもの、自由度の高さからカスタムを楽しむもの、楽に乗ることができるものなど。様々な種類の中から、自分に合ったものを選びましょう。
パナソニックの電動自転車
自転車とひとことで言っても、今では多くの種類があります。便利さを重視したもの、自由度の高さからカスタムを楽しむもの、楽に乗ることができるものなど。様々な種類の中から、自分に合ったものを選びましょう。
電動自転車のバッテリーメンテナンス
自転車とひとことで言っても、今では多くの種類があります。便利さを重視したもの、自由度の高さからカスタムを楽しむもの、楽に乗ることができるものなど。様々な種類の中から、自分に合ったものを選びましょう。