ミニベロ記事一覧

ミニベロとは。MINI=小さい。VERO=フランス語で自転車。小さい自転車=MINIVEROミニベロ。タイヤ径が20インチ以下(販売店によってサイズの上下有)の小型自転車を総じて『ミニベロ』と呼んでいます(タイヤの一般的なサイズは26インチ)。極小サイズでは、6インチや8インチといったサイズ採用モデルも有。・近年、都心での『ミニベロ』人気が高くなっています。デザイン性の高いおしゃれなバイクが多く、...

ミニベロビアンキ。2005年には、設立から120周年を迎える世界最古のイタリア名門メーカー『ビアンキ社』より発売されているミニベロ。特徴はなんといってもデザイン性。街乗りで颯爽とスマートに乗りこなせるデザインと共に、走行性も良く、コストパフォーマンスも良い事で人気があります。機能面に加え、かわいらしさを重要視する女性向けにレディースモデルも展開しています。『ビアンキ社』製造の自転車は、デザイン性だ...

ルイガノミニベロ。高機能、高品質を誇るサイクルブランド“LOUIS GARNEAU(ルイガノ)”。創業者であるルイガノがジュニアクラスよりカナダ自転車レース界で活躍し、オリンピック選手にまでなった経験を生かして、デザイン・開発されている。ルイガノ製品は、バイク(自転車)だけでなく、ウェア、アクセサリー類と多岐に渡る。『ルイガノミニベロ』は、ルイガノの数々のシリーズモデルの中で、タウン仕様のURBA...

ブルーノミニベロ。スモールホイール自転車『ブルーノミニベロ』、スイス人シンクロクロス選手のブルーノ氏オリジナルブランド。安定した走行性をスモールサイズで可能にした『ブルーノミニベロ』シリーズ。限られた人の為だけに作られたスポーツバイクではなく、スポーツバイクならではの楽しみを日常生活に気軽に取り入れ、そしてもっと沢山の人に自転車に乗る事の喜びを感じて欲しいというブルーノの思いが製品開発に込められて...

GIOSミニベロ。イタリア自転車フレームメーカーとして、世界のプロチームへのフレーム供給をしているGIOS。創業者のトルミーノ・ジオス自身が17歳でベルリン五輪イタリア代表選手に選ばれた実績から、同社エンブレムヘッドマークに五輪が付けられている。ハイクオリティな製品を目指すという強いこだわりは、オリンピック出場に加え、20歳でイタリア最高峰のアマチュアレースの1つ“コッパ・ディ・レ”を制した経験に...

ミニベロ輪行。ミニベロ=コンパクトサイズ自転車。輪行=交通機関を利用して自転車を携帯し、目的地で自転車にて移動する事。『輪行バック』と呼ばれる自転車を収納する大型のバックへ自転車を折りたたみコンパクトにして収納し、交通機関(鉄道、バス、船、飛行機、車)で移動する。輪行のルール。・鉄道での輪行例)JR旅客営業規則(無料手回り品)第308条。(1)自転車にあっては、解体して専用の袋に収納したもの又は折...