ルイガノのミニベロ

ルイガノミニベロ。
高機能、高品質を誇るサイクルブランド“LOUIS GARNEAU(ルイガノ)”。
創業者であるルイガノがジュニアクラスよりカナダ自転車レース界で活躍し、オリンピック選手にまでなった経験を生かして、デザイン・開発されている。
ルイガノ製品は、バイク(自転車)だけでなく、ウェア、アクセサリー類と多岐に渡る。
『ルイガノミニベロ』は、ルイガノの数々のシリーズモデルの中で、タウン仕様のURBAN(アーバン)バイクシリーズモデルに属する。
モデル例:
・LGS−MV 3S
ミニベロファンに絶大な人気を誇る代表格モデル“LGS−MV 3S”。
ロードレーサー並の軽やかな走行に加え、総重量8.8kgと極軽量なボディで、乗り心地の快適さと高速巡航性を確保。
・LGS-MV 5
ミニベロにMTBを融合した形が“LGS-MV 5”。
小さいのに太くゴツゴツしたブロックタイヤがコミカル。
コンポはMTBスペックのSLX・SHIMANO DEOREなどを装備している。
他に、
・MOUNTAIN マウンテンバイクモデル
・ROAD ロードバイクモデル

・JUNIOR&KIDS ジュニア・キッズバイクモデル
等のモデルシリーズがあり、ライフスタイルや年齢によって、幅広い選択が出来るのも、人気の要因だと思われる。

 

ルイガノブランドの歴史
創業者ルイ・ガノは、カナダレース界で活躍した少年期を経て、シニアクラス移行後、1984年ロサンゼルスオリンピックトラック競技入賞。
150余のメダルを獲得する一流トップアスリート。
そんな輝かしい活躍の裏側で、アートスクールを主席で卒業するという現在のデザイナーとしての片鱗をのぞかせていた。
選手時代に使用していたイタリアレーシングが高価だった事をきっかけに、オリジナルブランドを手掛ける。
ヘルメット制作ではISO9002を獲得するなどデザイン性だけでなく、高品質を裏付けており、世界中で成功を収めるビックブランドとなっている。

関連ページ

ミニベロとは
自転車とひとことで言っても、今では多くの種類があります。便利さを重視したもの、自由度の高さからカスタムを楽しむもの、楽に乗ることができるものなど。様々な種類の中から、自分に合ったものを選びましょう。
ビアンキのミニベロ
自転車とひとことで言っても、今では多くの種類があります。便利さを重視したもの、自由度の高さからカスタムを楽しむもの、楽に乗ることができるものなど。様々な種類の中から、自分に合ったものを選びましょう。
ブルーノのミニベロ
自転車とひとことで言っても、今では多くの種類があります。便利さを重視したもの、自由度の高さからカスタムを楽しむもの、楽に乗ることができるものなど。様々な種類の中から、自分に合ったものを選びましょう。
GIOSのミニベロ
自転車とひとことで言っても、今では多くの種類があります。便利さを重視したもの、自由度の高さからカスタムを楽しむもの、楽に乗ることができるものなど。様々な種類の中から、自分に合ったものを選びましょう。
ミニベロの輪行
自転車とひとことで言っても、今では多くの種類があります。便利さを重視したもの、自由度の高さからカスタムを楽しむもの、楽に乗ることができるものなど。様々な種類の中から、自分に合ったものを選びましょう。