ビアンキのミニベロ

ミニベロビアンキ。
2005年には、設立から120周年を迎える世界最古のイタリア名門メーカー『ビアンキ社』より発売されているミニベロ。
特徴はなんといってもデザイン性。
街乗りで颯爽とスマートに乗りこなせるデザインと共に、走行性も良く、コストパフォーマンスも良い事で人気があります。
機能面に加え、かわいらしさを重要視する女性向けにレディースモデルも展開しています。
『ビアンキ社』製造の自転車は、デザイン性だけでなく機能性も優秀なロードバイクが有名です。
また、伝統ある自転車レース、ツール・ド・フランスなどで輝かしい成績を残した多数のロードバイク選手がビアンキを使用していることでも知られています。
クロスカントリーバイクにおいては、アテネオリンピック金メダリストのジュリアン・アブサロンがビアンキのバイクを使用していました。
自転車部門に留まらず、1899年には自動車部門も設立し、アウトビアンキとしてフィアットの傘下での販売経歴もあります。

 

『ビアンキ社』の歴史
創立1885年。
ミラノ・ニローネ通りに小さな自転車店として、エドアルド・ビアンキ21歳によって創立される。
前輪、後輪の大きさが同じ“セーフティ型”が発明された翌年に、早くも主流だった前車輪の大きい型に代わり取り扱う。
1899年、パリ開催のGrand Prix de La Villeにて初勝利をおさめ、現在に至るまで世界中のレースで数々の勝利に輝き、伝統と実績を誇るメーカー。
自転車のみならず、ウェアライン展開もしており、スポーツウェアとしても他メーカーとは違った洗練されたデザイン性によって不動の地位を築いている。

関連ページ

ミニベロとは
自転車とひとことで言っても、今では多くの種類があります。便利さを重視したもの、自由度の高さからカスタムを楽しむもの、楽に乗ることができるものなど。様々な種類の中から、自分に合ったものを選びましょう。
ルイガノのミニベロ
自転車とひとことで言っても、今では多くの種類があります。便利さを重視したもの、自由度の高さからカスタムを楽しむもの、楽に乗ることができるものなど。様々な種類の中から、自分に合ったものを選びましょう。
ブルーノのミニベロ
自転車とひとことで言っても、今では多くの種類があります。便利さを重視したもの、自由度の高さからカスタムを楽しむもの、楽に乗ることができるものなど。様々な種類の中から、自分に合ったものを選びましょう。
GIOSのミニベロ
自転車とひとことで言っても、今では多くの種類があります。便利さを重視したもの、自由度の高さからカスタムを楽しむもの、楽に乗ることができるものなど。様々な種類の中から、自分に合ったものを選びましょう。
ミニベロの輪行
自転車とひとことで言っても、今では多くの種類があります。便利さを重視したもの、自由度の高さからカスタムを楽しむもの、楽に乗ることができるものなど。様々な種類の中から、自分に合ったものを選びましょう。