ブルーノのミニベロ

ブルーノミニベロ。
スモールホイール自転車『ブルーノミニベロ』、スイス人シンクロクロス選手のブルーノ氏オリジナルブランド。
安定した走行性をスモールサイズで可能にした『ブルーノミニベロ』シリーズ。
限られた人の為だけに作られたスポーツバイクではなく、スポーツバイクならではの楽しみを日常生活に気軽に取り入れ、そしてもっと沢山の人に自転車に乗る事の喜びを感じて欲しいというブルーノの思いが製品開発に込められています。
スモールホイールでもふらつかず、漕ぎ出しの安定した走行感を実現。
スモールサイズの利点である、体格差のカバー力のあるフレーム形状によって、体の小さい女性から体の大きな男性まで楽しめる自転車です。
女性ならではの悩み、スカートでの走行にも優しいフレーム形状で安心して走行する事が出来るモデルも多数あります。
ブルーノの開発本拠地でもある、スイスやヨーロッパ地方の石畳による走行不安定、振動衝撃にも配慮した湾曲シートステーを採用。

 

ブルーノ(Bruno D’Arisie)経歴
若き頃より自転車に親しみ、1974年14歳よりロード、シンクロクロス競技に出場し始める。
1976年スイスシンクロクロス(ジュニアクラス)チャンピオン。
同年ワールドチャンピオンシップ5位入賞。
1985年ワールドチャンピオンシップ3位入賞。
1989年スイスチャンピオンシップ2位入賞。
1990年MTBチャンピオンシップ2位入賞など、輝かしい数々の戦績を残す。
現在:Klosters,Swizerlandにて自転車卸業を営み、自転車開発を精力的に行う。
ブルーノ開発オリジナルブランドの自転車ヘッドマークには、Klosters,Swizerlandの紋章が誇らしげに輝いている。

関連ページ

ミニベロとは
自転車とひとことで言っても、今では多くの種類があります。便利さを重視したもの、自由度の高さからカスタムを楽しむもの、楽に乗ることができるものなど。様々な種類の中から、自分に合ったものを選びましょう。
ビアンキのミニベロ
自転車とひとことで言っても、今では多くの種類があります。便利さを重視したもの、自由度の高さからカスタムを楽しむもの、楽に乗ることができるものなど。様々な種類の中から、自分に合ったものを選びましょう。
ルイガノのミニベロ
自転車とひとことで言っても、今では多くの種類があります。便利さを重視したもの、自由度の高さからカスタムを楽しむもの、楽に乗ることができるものなど。様々な種類の中から、自分に合ったものを選びましょう。
GIOSのミニベロ
自転車とひとことで言っても、今では多くの種類があります。便利さを重視したもの、自由度の高さからカスタムを楽しむもの、楽に乗ることができるものなど。様々な種類の中から、自分に合ったものを選びましょう。
ミニベロの輪行
自転車とひとことで言っても、今では多くの種類があります。便利さを重視したもの、自由度の高さからカスタムを楽しむもの、楽に乗ることができるものなど。様々な種類の中から、自分に合ったものを選びましょう。