ミニベロの輪行

ミニベロ輪行。
ミニベロ=コンパクトサイズ自転車。
輪行=交通機関を利用して自転車を携帯し、目的地で自転車にて移動する事。
『輪行バック』と呼ばれる自転車を収納する大型のバックへ自転車を折りたたみコンパクトにして収納し、交通機関(鉄道、バス、船、飛行機、車)で移動する。

 

輪行のルール。
・鉄道での輪行
例)JR旅客営業規則(無料手回り品)第308条。
(1)自転車にあっては、解体して専用の袋に収納したもの又は折りたたみ式自転車であって、折りたたんで専用の袋に収納したもの。
とあります。
しかし、通勤、通学ラッシュ時等での混雑時間には、周りの乗客の方々が不快にならない様に時間帯を避ける、もしくは荷物スペース近くの指定席を確保する等、周りへの配慮が必要です。
・バスでの輪行。
鉄道よりスペースが狭く、周りへの配慮が鉄道より更に必要になります。
運転手の方との交渉が必要です。
・船での輪行。
鉄道、バスに比べスペースに余裕がある為、比較的問題なく可能。
しかし折りたたみ(解体)して『輪行バック』へ収納し、荷物として乗船しない場合は、自転車乗船料がかかります。
・飛行機での輪行。
手荷物預かりとして可能ですが、他の手荷物を含めた量(重量)が多い場合、航空会社規定によっては追加料金が発生する場合がありますので、確認が必要です。
・車での輪行
自家用車の場合、ほとんど問題はありませんが、レンタカーなどを利用する場合、目的地での自転車利用の際、悪天候により自転車の汚れでトランクルームを汚してしまい、クリーニング料金を追加される事の無いように、少々面倒でもバックへの収納は不可欠です。

関連ページ

ミニベロとは
自転車とひとことで言っても、今では多くの種類があります。便利さを重視したもの、自由度の高さからカスタムを楽しむもの、楽に乗ることができるものなど。様々な種類の中から、自分に合ったものを選びましょう。
ビアンキのミニベロ
自転車とひとことで言っても、今では多くの種類があります。便利さを重視したもの、自由度の高さからカスタムを楽しむもの、楽に乗ることができるものなど。様々な種類の中から、自分に合ったものを選びましょう。
ルイガノのミニベロ
自転車とひとことで言っても、今では多くの種類があります。便利さを重視したもの、自由度の高さからカスタムを楽しむもの、楽に乗ることができるものなど。様々な種類の中から、自分に合ったものを選びましょう。
ブルーノのミニベロ
自転車とひとことで言っても、今では多くの種類があります。便利さを重視したもの、自由度の高さからカスタムを楽しむもの、楽に乗ることができるものなど。様々な種類の中から、自分に合ったものを選びましょう。
GIOSのミニベロ
自転車とひとことで言っても、今では多くの種類があります。便利さを重視したもの、自由度の高さからカスタムを楽しむもの、楽に乗ることができるものなど。様々な種類の中から、自分に合ったものを選びましょう。