折りたたみ自転車記事一覧

折り畳み自転車は、コンパクトに折り畳むことが可能ですから、自家用車に積み込んで移動することはもちろん、公共の交通機関と組み合わせることで、行動範囲を広げると同時に、移動時間を短縮することもできます。現在では、多くのメーカーから多くの種類が販売されていますが、その中から、どうやって自分に本当に合った折り畳み自転車を選ぶかと言うことですが、それは折り畳み自転車の使用目的と、使用方法、使用条件によると言...

折りたたみ自転車の大前提は軽量である、と言うことですが、コンパクトに折りたたんで持ち歩くのですから、重量は軽いに超したことはありません。特に折りたたみ自転車を、自家用車に積み込んで移動することを考えると、少しでも軽い方が経済的な負担も軽くなります。と言うのは、最近のガソリン代の高騰では、少しで車両の重量を軽くした方が燃費が良くなるのです。手で持って移動をするにしても軽い自転車の方が楽でしょう。軽け...

普通の自転車にもモーター搭載のものがあるように、折りたたみ自転車にも電動のものがあります。形態としては電動アシスト自転車と言うもので、バッテリーとモーターを搭載することで、ペダルを踏む際のパワーを補助してくれるのです。自転車は足でペダルを踏むことで車輪が回転し、前進します。電動折りたたみ自転車もペダルを漕がなければなりません。オートバイのようにモーターだけのパワーで走るわけではなく、ペダルを漕ぐこ...

折りたたみ自転車の事故は毎年10件前後報告されています。具体的には走行中や、開いている途中にハンドルの留め具外れる、ペダルが折れる、など危険を伴うものばかりです。報告されていない事故も含めると、もっとその数は増えるでしょう。これらの事故のほとんどのケースに共通していることは、自転車自体が激安価格である、と言うことです。スーパーやホームセンターの自転車売場では、1万円を下回る価格で販売していることが...

折りたたみ自転車を購入する場合に、色々なメーカーの自転車をさまざまな面から比較検討することは非常に大切なことでしょう。この場合、具体的に比較する項目としては、価格、重量、安全性、走行スピード、耐久性、コンパクトの度合い、デザイン性等が考えられます。購入する側から言えば、全てにおいて満足いくもの、と言うことになるのでしょうが、中々そうも行かないのが現実です。そこで、自分が何の為に折りたたみ自転車を購...

自転車の大きさが、タイヤのホイールの大きさで表されていることはよく知られていますが、折りたたみ自転車の場合、折りたたむ、と言う機能上、どうしても通常の自転車よりサイズは小さめになってしまうことが多くなっています。特に以前は、今ほど折りたたみ自転車のデザインが豊富ではありませんでしたから、小さな(子供用自転車のような)タイヤに高いサドルとハンドルで、シャカシャカと漕いでいて、せわしなく漕いでいる割に...

ホイールサイズが26インチ、と言うと俗に言うママチャリのサイズです。このサイズでも折りたたみ自転車が販売されています。対応身長は、140cm〜180cm程度と言うことになっていますので、かなり大柄な男性であっても十分快適に乗りこなすことができます。いくら折りたたみ自転車と言っても、これだけホイールのサイズが大きくなると、折りたたんだ場合でも、ある程度の大きさになってしまうことは避けられません。従っ...

最近自転車を趣味にしているかどうかを問わずに人気上昇しているのが、折りたたみ自転車。折りたたみ自転車があれば、旅行先でも気軽にサイクリングを楽しむことができますね。折りたたみ式自転車は、デザインもかわいらしいものが多く、折りたたんで持ち歩くことが目的ではない若者にも好まれています。値段は、スポーツバイクに比べれば手頃です。ただ、注意して欲しいのは、3万円以下で手に入るもの。タイヤが薄い、ブレーキが...