軽量折りたたみ自転車

折りたたみ自転車の大前提は軽量である、と言うことですが、コンパクトに折りたたんで持ち歩くのですから、重量は軽いに超したことはありません。
特に折りたたみ自転車を、自家用車に積み込んで移動することを考えると、少しでも軽い方が経済的な負担も軽くなります。
と言うのは、最近のガソリン代の高騰では、少しで車両の重量を軽くした方が燃費が良くなるのです。
手で持って移動をするにしても軽い自転車の方が楽でしょう。
軽ければマンションなどでも玄関の中まで持ち込むこともできますし、飛行機などで運ぶことも可能です。
では軽量の折りたたみ自転車を選ぶには、パーツのどこに注目すればいいのでしょう。
まず第一は自転車本体のフレームに当たる、自動車で言うシャシの部分の軽量化でしょう。
この部分が鉄製だとかなり全体の重量は重くなってしまいます。
少しでも軽くするには鉄のフレームや、鉄製の部品をアルミニウムやチタニウム製に替えることでしょう。
そうすれば、軽量化されるとともに、錆を防ぐ校果もあります。
次はタイヤの選び方です。
折りたたみ自転車のタイヤは普通の自転車の比較すると直径が小さいものがほとんどですが、タイヤ自体の太さや重量もかなり影響してきます。
ただし、細くてゴムの薄いタイヤ選ぶと軽量化されることは間違いないのですが、安全性や耐久性にもかかわってくる問題ですので、一概に軽いものがいい、と言えないのも現実です。
何を最重要視するかにもよりますが、やはり多少高くても、一般的によく知られているメーカーのものを選んだ方が無難だと言えるでしょう。

関連ページ

折りたたみ自転車の選び方
自転車とひとことで言っても、今では多くの種類があります。便利さを重視したもの、自由度の高さからカスタムを楽しむもの、楽に乗ることができるものなど。様々な種類の中から、自分に合ったものを選びましょう。
電動折りたたみ自転車
自転車とひとことで言っても、今では多くの種類があります。便利さを重視したもの、自由度の高さからカスタムを楽しむもの、楽に乗ることができるものなど。様々な種類の中から、自分に合ったものを選びましょう。
激安折りたたみ自転車の注意点
自転車とひとことで言っても、今では多くの種類があります。便利さを重視したもの、自由度の高さからカスタムを楽しむもの、楽に乗ることができるものなど。様々な種類の中から、自分に合ったものを選びましょう。
折りたたみ自転車の比較
自転車とひとことで言っても、今では多くの種類があります。便利さを重視したもの、自由度の高さからカスタムを楽しむもの、楽に乗ることができるものなど。様々な種類の中から、自分に合ったものを選びましょう。
折りたたみ自転車、20インチのお勧め
自転車とひとことで言っても、今では多くの種類があります。便利さを重視したもの、自由度の高さからカスタムを楽しむもの、楽に乗ることができるものなど。様々な種類の中から、自分に合ったものを選びましょう。
折りたたみ自転車、26インチのお勧め
自転車とひとことで言っても、今では多くの種類があります。便利さを重視したもの、自由度の高さからカスタムを楽しむもの、楽に乗ることができるものなど。様々な種類の中から、自分に合ったものを選びましょう。
折りたたみ自転車
自転車とひとことで言っても、今では多くの種類があります。便利さを重視したもの、自由度の高さからカスタムを楽しむもの、楽に乗ることができるものなど。様々な種類の中から、自分に合ったものを選びましょう。