電動折りたたみ自転車

普通の自転車にもモーター搭載のものがあるように、折りたたみ自転車にも電動のものがあります。
形態としては電動アシスト自転車と言うもので、バッテリーとモーターを搭載することで、ペダルを踏む際のパワーを補助してくれるのです。
自転車は足でペダルを踏むことで車輪が回転し、前進します。
電動折りたたみ自転車もペダルを漕がなければなりません。
オートバイのようにモーターだけのパワーで走るわけではなく、ペダルを漕ぐことで内蔵されたモーターが回転を始め、小さな力で走行できる仕組みになっているのです。
モーターはペダルを漕ぐ力を補助しているだけなのです。
また、バッテリーの充電方法と、どのくらいもつのかということです。
それから万が一バッテリー切れになった場合はどうなるのかということです。
まず充電方法は、付属のACアダプタと、取り外し可能なバッテリーを接続して行ないます。
このバッテリーは、ロックつきで、専用のカギでなければあけることができませんので、駐輪中にバッテリーの盗難に遭う心配は避けることができます。
次にフルに充電した場合の走行距離ですが、車種によって差はありますが、ほぼ平坦な道でところどころ緩やかな坂がある、と言う一般的な道路で30km前後、かなり急な坂道が連続している場合でも10km前後は走行できます。
また、仮にバッテリーが切れても普通の自転車のようにペダルで走行できますし、特に漕ぐのが重い、ということもありませんので、日常生活に使用するには特に問題はないと思われます。
問題になってくるのは価格と重量で、50ccの原付と同じくらいの値段のものが多いですから、決して安いものではありませんし、モーターやバッテリーを搭載している分、重量も20kgを越えているものがほとんどです。
電動ではない、の折りたたみ自転車の2倍近い重量になってしまいますので、そのあたりがネックと言えるでしょう。

関連ページ

折りたたみ自転車の選び方
自転車とひとことで言っても、今では多くの種類があります。便利さを重視したもの、自由度の高さからカスタムを楽しむもの、楽に乗ることができるものなど。様々な種類の中から、自分に合ったものを選びましょう。
軽量折りたたみ自転車
自転車とひとことで言っても、今では多くの種類があります。便利さを重視したもの、自由度の高さからカスタムを楽しむもの、楽に乗ることができるものなど。様々な種類の中から、自分に合ったものを選びましょう。
激安折りたたみ自転車の注意点
自転車とひとことで言っても、今では多くの種類があります。便利さを重視したもの、自由度の高さからカスタムを楽しむもの、楽に乗ることができるものなど。様々な種類の中から、自分に合ったものを選びましょう。
折りたたみ自転車の比較
自転車とひとことで言っても、今では多くの種類があります。便利さを重視したもの、自由度の高さからカスタムを楽しむもの、楽に乗ることができるものなど。様々な種類の中から、自分に合ったものを選びましょう。
折りたたみ自転車、20インチのお勧め
自転車とひとことで言っても、今では多くの種類があります。便利さを重視したもの、自由度の高さからカスタムを楽しむもの、楽に乗ることができるものなど。様々な種類の中から、自分に合ったものを選びましょう。
折りたたみ自転車、26インチのお勧め
自転車とひとことで言っても、今では多くの種類があります。便利さを重視したもの、自由度の高さからカスタムを楽しむもの、楽に乗ることができるものなど。様々な種類の中から、自分に合ったものを選びましょう。
折りたたみ自転車
自転車とひとことで言っても、今では多くの種類があります。便利さを重視したもの、自由度の高さからカスタムを楽しむもの、楽に乗ることができるものなど。様々な種類の中から、自分に合ったものを選びましょう。