スポーツレジャーと電動自転車

スポーツレジャー電動自転車なら、それほど体力がなくても、楽に遠出ができます。
電動自転車というと、どうしてもお母さんが買い物に行くような野暮ったいデザインを想像してしまいますが、モトクロススタイルのスポーツレジャー電動自転車もたくさん出ているのです。
パナソニックと人気ブランドのBEAMSがコラボした電動自転車やF1レーサーとして有名な片山右京プロデュースの電動自転車もあります。
折り畳み式の電動自転車や街乗りタイプのオシャレでコンパクトなモデルなど、電動自転車の種類はとても幅広くなっているのです。
昔に比べて価格が下がったとはいえ、電動自転車は10万円くらいします。
安いものでも8万円前後はする電動自転車ですから、防犯登録や盗難保険への加入は必須でしょう。
ちなみに、フル電動自転車が雑貨店やインターネットで安く売られていることがありますが、ナンバープレートや保安基準部品をつけないと公道では走れません。
原付免許以上の運転免許、ヘルメット、自賠責保険への加入も必要になります。
また、中国製などの激安フル電動自転車は安全性に問題があることが多いです。
電動自転車は普通の自転車以上に、信頼できるメーカーのものをちゃんとした自転車ショップで購入してください。
調子が悪いなと思っても、自分でモーターをいじったりすると危険ですから、メンテナンスなどは専門家にお願いしましょう。
電動自転車は自転車というよりも、バイクや自動車に近い乗り物です。

関連ページ

スポーツ自転車とは
自転車とひとことで言っても、今では多くの種類があります。便利さを重視したもの、自由度の高さからカスタムを楽しむもの、楽に乗ることができるものなど。様々な種類の中から、自分に合ったものを選びましょう。
スポーツアウトドア自転車とは
自転車とひとことで言っても、今では多くの種類があります。便利さを重視したもの、自由度の高さからカスタムを楽しむもの、楽に乗ることができるものなど。様々な種類の中から、自分に合ったものを選びましょう。
スポーツレジャーと自転車サイクリング
自転車とひとことで言っても、今では多くの種類があります。便利さを重視したもの、自由度の高さからカスタムを楽しむもの、楽に乗ることができるものなど。様々な種類の中から、自分に合ったものを選びましょう。
スポーツレジャーと折り畳み自転車
自転車とひとことで言っても、今では多くの種類があります。便利さを重視したもの、自由度の高さからカスタムを楽しむもの、楽に乗ることができるものなど。様々な種類の中から、自分に合ったものを選びましょう。
自転車サイクルとスポーツセンター
自転車とひとことで言っても、今では多くの種類があります。便利さを重視したもの、自由度の高さからカスタムを楽しむもの、楽に乗ることができるものなど。様々な種類の中から、自分に合ったものを選びましょう。